人気がある外壁工事のカバー工法の魅力について

戸建などで外壁のリフォームなどを考える場合、いくつかの方法があります。塗り替えや張替、今ある外壁の上から重ねて貼るカバー工法などがあります。リフオームで人気があるカバー工法ですが、今ある外壁を壊すことなく、新しいサイディングやタイルを上に重ねて貼るリフオームの手法のことを言います。

カバー工法のメリットとしては、解体の手間がなく、廃材が少ないことにあります。解体や廃材処分の手間がなくなれば、費用が大きく削減することが出来て、工事日数も短くて済むメリットがアあります。解体工事のように住みながらリフォームで問題になっている音やほこりに悩まされることもなく、工事が早く済みます。カバー工法は、外壁だけではなく屋根やサッシ、玄関ドアなどにも使われています。

カバー工法の工事日数は、施工の場所や量にも異なりますが、約2週間ほどです、一般的には胴縁と呼ばれる木下地板を打ち付けてからサンディングを貼ります。

外壁工事を考えている場合はカバー工法も一つの方法として考えるべきです。

1 2