17 2月 / 2017

男の子も女の子も平等に育てています

誰だって平等にされたいものです。だから我が家では、男の子も女の子も平等に育てました。娘がサッカーを習いたいと言ったらさせました。息子がピアノをしたいと言ったら、すすんでさせました。

子供だって言われたくないはずです。「男の子だからダメ、女の子だからもっとおしとやかにしなさい」なんて言われたくないでしょう。だから好きな事をさせて、したい事をさせるようにしていました。

そのうち子供だってわかってくるのです。自分は男の子だから、これのほうがいいのかな。女の子だからこっちのほうがいいのかなとわかってくるものなのです。

子育てで大変なのは、どうなってほしいかです。将来この子にどうなってほしいかの目標を立てる事も大事だと思います。でも子供にだって人権はあります。個人差もあります。個性だってそれぞれあるのです。だから本人の希望通りにさせるのが、一番合っているみたいです。そのようにのびのびと育てることが、きっと良い子育てだと思います。